キャリアを知る

Interview

課長

舘 悠貴

×

課長代理

真栄田 尚吾

自ら顧客先で専門サービスを提供しながら、部下の成長にもコミットする2名のマネージャが、ベンチュリーで働く魅力や組織風土をテーマに語る

舘:真栄田さんは前職も同業他社ですよね?


真栄田:はい、エンジニアをやっていました。


舘:私は異業種から、手に職をつけたいという想いで門を叩いたのですが、真栄田さんが前職からベンチュリーに転職した理由は何だったんですか?


真栄田:技術的には、Oracleデータベースという確固としたコアスキルがあるところに惹かれました。前職では派遣会社から常駐先に送られて、言われた作業をやっているような感覚だったので、コアスキルというものを身につけてお客様に貢献したいと常々思っていました。

インタビュー
インタビュー

舘:この業界だと派遣的な感覚で、所属会社を転々としながら働く人も多いですよね。その点、ベンチュリーはどうですか?


真栄田:上場企業や、いわゆる大手企業と直接取引ができ、しっかりと対価を頂きながら仕事ができており、技術職として願っていた働き方が実現できています。


舘:真栄田さんは今、お客様に専門的なサービスを提供しながら、同時に部下を持つプレイングマネージャとして働いていますよね。入社前にイメージしていた形と比べてどうですか?


真栄田:正直なところ、入社前はエンジニアとして専門性を身につけたいという想いだけで、マネジメントはイメージしていませんでした。


舘:へぇ、今の真栄田リーダーの姿からはあまり想像できませんね!


真栄田:Oracleデータベースは個人で取得するには高額なので、豊富なノウハウに基づく手厚い支援してもらえることが一番嬉しかったです。今はそうやって技術が身についた後、次なるキャリアとして部下を持つリーダーを任せてもらい、成長の機会を得られ続けています。


舘:成長や教育への想いは、非常に大切にしていますよね。入社当時、「研修費や教材購入申請が少ない!もっとお金を使いなさい!」と怒られた時は、こんなお節介な会社あるのかという思いでした(笑)


真栄田:なかなかないことですよね(笑)


舘:マネジメント能力を伸ばすための投資も、惜しみなく支援してもらえるのは非常にありがたいと思っています。教育投資も技術偏重になることが多いこの業界で、スキルでは見えにくい部分の成長を意識的に支援してもらっています。


真栄田:そういえば、技術社員がマネジメントをこんなに任されるようになったのも、ここ数年なんですよね。

インタビュー
インタビュー

舘:そうですね。会社のオーナーが全てを把握していないと我慢できないという会社は世にごまんとありますが、社員数が増えてきて柔軟に仕事の委任に踏み切ったのは、経営層の度量の広さを感じますよね。


真栄田:それに、階層型マネジメントの導入は大きな転換でしたが、それまで同様、もしくはそれ以上に社員の意見が会社に届いている感覚があります。


舘:うまく機能していているってことですね。


真栄田:はい。以前はいわば仲の良い「集団」という感じでしたが、長生きする「組織」になってきている実感があります。

舘:そうですね。部活動やイベントの奨励で楽しみながら、技術的にも切磋琢磨している個人が集まっている感覚だったかもしれません。今は個人が育つ箱としてではなく、「企業」としても成長していますよね。それに、階層型マネジメント体制を敷くことによって、昇進・昇格が明確になったメリットもありましたね。


真栄田:確かに。技術力を身につけたい、マネジメントに挑戦したい、出世したいなど、様々な給与の上げ方を提示してもらえるところも、求職者には魅力でしょうね。


舘:今後も組織としての柔軟性は良いままに、会社の成長・発展を引っ張っていきたいですね。

インタビュー
選ばれ続けるリーダーを目指して
成長し続ける