DB周りのご相談・お困りごとモデルケース

DB保守費が高額。エンジニアは常駐させないといけないの…?

こんなお悩み抱えていませんか?

  • サーバエンジニアがDBAを兼ねているが、障害に対応できるか不安
  • DBAを常駐させているが、費用が高い

プロからのアドバイス

ベンチュリーコンサルティング株式会社

DBエンジニア

保守費にもDBAなどの人件費、オラクルの年間保守ライセンス、もろもろあります
そもそもDBAがいるのであれば、障害が起こらないような日々のDBA作業がある
障害ポイントを多く抱えたまま放置し運転するということはそもそも人件費の高いDBAの常駐を強いられているケースもあるし、
DBの問題を解決するということでの性能点検に関するDBのメンテナンスについてコメントを頂くのはひとつの手である

障害が起こらなくても、決まりきった保守代が発生していて辛いというお客様もある。
サーバあたりのDBを集約させて、オラクルサーバを集約統合して、ライセンス数を削減することがなんといっても効果的。
DB構成を拝見して、的確にアドバイスします。

それにあたっても、パフォーマンスがキュウキュウのものを集約しても性能で行き詰るし、ひとつひとつ集約する前のDBサイトを拝見して、データ格納量やCPUの負荷が低いものを集約していくということまで私たちであれば意識しています

私どものDBサポートサービスであれば、DBAが常駐しているかのようなDB管理サービスを提供しているので常駐しているSEのコストを削減しながらのサービスレベルを低下させずに今の運転を続けていただけますよ。

問題解決のためのご提供サービス

御社のお困りごと解決のため、様々なサービスを展開しております。
オラクルデータベースにまつわることなら何でも、お気軽にご相談ください。

03-3341-5723
メールでのお問い合わせ
ケーススタディ
よくあるご質問
pagetop