DB周りのご相談・お困りごとモデルケース

データ急増でストレージを圧迫!すぐに手を打たねば!

こんなお悩み抱えていませんか?

  • お客様が増えたことでデータが増えてしまった。
  • 特に何かしたわけではないが、ドライブが常に満杯。

プロからのアドバイス

ベンチュリーコンサルティング株式会社

DBエンジニア

データ急増による圧迫も、表領域レベル、データファイルレベル、ディスクレベル
たとえばウィンドウズではドライブレベル、
UNIX,LINUXだとマウントポイントレベルに大別されます
あるいはローデバイスであれば論理ボリュームレベル
それぞれのレベルでの、どのレベルでの圧迫かを確認し、それぞれのケースで手を打つことが重要である
それぞれのレベルでの圧迫の可否を確認して問題を解決することが必要である

今後のデータ増加予測だとか、限られたデータ資源の中でできる施策を施してまいります
セグメント表領域のデータ圧縮というアプローチもあるし
あるいはストレージ全体での空いているマウントポイントやドライブを見て、表領域の増設、セグメントの引越しといったあらゆる手段を駆使して問題を解決させます

問題解決のためのご提供サービス

御社のお困りごと解決のため、様々なサービスを展開しております。
オラクルデータベースにまつわることなら何でも、お気軽にご相談ください。

03-3341-5723
メールでのお問い合わせ
ケーススタディ
よくあるご質問
pagetop