代表者ご挨拶・役員情報

代表者よりご挨拶

sample
当社は創業より「データベースの”サーバ基盤”」にフォーカスしてまいりました。
さらに、データベース ソフトウェアと関連するOS基盤や、HAをはじめとするクラスタウェア基盤、そしてストレージ基盤、バックアップ基盤、DBA(データベース管理業務)といった、「インフラ技術全般」に軸足を置いて、その導入実績を重ねてまいりました。
ソフトウェア開発の場には、ソフトウェア技術者が多くいますが、そこには、OSサーバ基盤、データベース・ストレージ基盤、クラスタウェア基盤を含めて、インフラ基盤まで合わせて理解している技術者はそう多くはありません。

ITにおけるシステム開発体制は、「縦割り」が主体であり、また、それらは、ソフトウェア開発・ミドルウェア開発・基盤開発といったように「分野別」に組織が分かれていることが特徴です。大手企業ほど、このような傾向が見受けられます。
こういった体制は、とても効率がよい反面、弊害として、「情報の横の伝達」がうまくいかないケースが挙げられます。例えば、システム要求仕様の策定のミスマッチから、選択したハードウェア機器について、システム運用開始から期待したパフォーマンスが出ず、問題となっているケース。さらにサービス開始がずれこむことによる納期遅れの問題、また、その性能改善のための追加費用の問題、などです。

ソフトウェアは単体で問題なく動くものの、本番運用と同量のデータを入れて動かすと、とたんに応答性能が悪くなる、といったケースも多く見受けられます。ここのところ増えている、データウェアハウス(DWH)の構築によるデータ分析システム(BI)では、特にそのような傾向があります。

わたくしは、このようなトラブルを解決していく為に、「インフラ基盤全般を横断的に理解する技術者」の養成が急務だと感じていました。そこで2004年に当社を設立し、この理念を実現する技術社員の育成に努めてまいりました。

このような流れを経て、現在当社では、「OSサーバ基盤・データベース・APサーバ、ストレージ・クラスタ基盤」という分野を「全般的」に理解した社員によって、安定的でかつ可用性の高い、かつ高性能なITインフラ基盤の要求仕様の策定、設計・構築といったお手伝いをさせて頂いております。

今後、一層ストレージやノードの仮想化が進んでいくと思われますが、基盤設計の分野に期待される要件は、「拡張性」「高可用性」「高性能」「セキュリティ」であり、これは今も昔も変わらぬ真理だと思います。当社は社員一同、その真理を究めるべく、これからも日々、研鑽を続けてまいります。
ベンチュリーコンサルティング株式会社
代表取締役 衞藤 重豪

主な経歴

1994年
大阪経済大学経営学部経営情報学科 卒業
1995年
株式会社シー・エス・イー 入社
1998年
株式会社シー・エス・イー 退社
1998年
個人事業として、IT利用企業のインフラ基盤の設計・構築・性能改善などに携わる
2001年

株式会社ベイカレントコンサルティング(旧社名PCWORKS)パートナー

2004年
ベンチュリーコンサルティング株式会社 設立 代表取締役 就任

人事労務責任者 社員教育担当 木村 淳美

日立関連の業務ではデータベースに関する技術開発を中心にスキルを積んできましたが、それと共に、プロジェクトや組織の経営管理、知識と知恵と実行力を備えた人材育成など、広範囲なノウハウを蓄積してきました。

 

長年培ったこれらの組織・人財マネージメントのエッセンスを、弊社の人財管理や人財育成のために活用することにより、お客様の御要望を、最高の品質と適正な対価で実現するための人財管理・人財育成に努めてまいります。

主な経歴

1970年
株式会社日立製作所入社、データベースの研究開発、データベースソフトウェアの製品開発に従事
1990年
株式会社日立システムアンドサービス(現株式会社日立ソリューションズ)に転属、データベースソフトウェア製品開発プロジェクトマネージメント、オラクルソリューションプロジェクトマネージメントに従事
2008年
ベンチュリーコンサルティング株式会社入社、人事労務責任者、人事教育担当

業務執行役 蓮沼 寛太

入社当初はITのことに造詣もなくお客様にどのように説明すればよいのか、困った時期もありました。そんな経験を持つ私だからこそ、ITのことをあまり詳しくないお客様にご説明差し上げることにはアドバンテージがあると思っております。

 

お客様は何に困っていらっしゃるのか、どのくらいの費用感で何を行うことを望んでいらっしゃるのか、どのくらいのスピード、納期を期待されているのか、そういったポイントを常にわかりやすくお客様にご提案できるよう精進してまいります。

主な経歴

2005年

某大手飲食チェーン店入社
従業員教育マニュアル策定・実施、予算管理、原価管理などの店舗運営マネージメント業務に携わる

2007年

ベンチュリーコンサルティング株式会社入社
データベースソリューション事業部、システム営業担当

業務執行役 砂田 貴志 (情報保護管理責任者・ISO27001担当役員)

当社は、お客様の大切な情報資産を管理するデータベースを取り扱うにあたり、信頼と安心を頂くため、2007年にISO27001とPマークを取得いたしました。私は「情報保護管理責任者」として、内部監査を日常的に行い、PDCAサイクルに基づき、常に脆弱性のチェックと改善を図っております。

 

また、個人情報保護方針および情報セキュリティ保護方針を定め、きめ細かく情報保護について教育を行うことで、社員ひとりひとりにコンプライアンス遵守の精神を強くもって行動するよう、徹底させております。

主な経歴

2000年
中央大学理工学部 精密機械工学科 卒業
2000年
株式会社SANKYO 入社
2005年
株式会社SANKYO 退社
2006年
ベンチュリーコンサルティング株式会社入社
2007年
ベンチュリーコンサルティング株式会社 執行役員 就任
2015年
ベンチュリーパートナーズ株式会社 代表取締役 就任
03-3341-5723
メールでのお問い合わせ
採用情報はこちら
サービス一覧はこちら
pagetop